尿道プレイに興味あるM男君いる?尿道オナニーや尿道拡張の注意点

尿道プレイは興味があるからと言って、今からすぐにやろうとしないでください。

アナルプレイなら、どうしてもやりたくてテキトーにそのへんの潤滑剤になりそうなものを使って指一本くらい突っ込んだところで、一度くらいならまあなんとかいいでしょう。

けれども尿道は、知識もなく準備もしないでいきなり唾をつけて歯ブラシの柄を突っ込んでみるとかはやめてください。

(ときどきやってる人いる)

アナルよりも雑菌感染に慎重、そして清潔にして行ってください。

じゃないとそのうち痛い目見ますよ。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

尿道プレイをするときに絶対用意してもらいたいもの

やりたいなら、面倒くさいからとかそんな理由で消毒や潤滑剤を適当にするのはやめましょう。

尿道プレイこそ代用品で済まさないでほしいのです。

手指を清潔にすることは絶対条件。そして挿入するペニスも必ず入浴して清潔にしてから行ってください。

他人にやる場合、やる側は素手じゃなく必ずゴム手袋などをし(相手が感染症などを持っていないという保証はないので)消毒用エタノールで手袋の消毒もしましょう。手袋は未滅菌です。

消毒したらむやみやたらにその辺をベタベタ触らず、速やかに尿道プレイを行うことも大切です。

 

尿道プレイをする際に必ず用意してもらいたいもの。

まずは消毒用エタノール。ドラッグストアでも普通に手に入ります。

買うのは「消毒用エタノール」です。無水エタノールというのも売っていますが、これはエタノール原液で、皮膚に使うには強すぎるので使わないでください。

消毒用エタノール

 

そして何かを挿入する際に使う潤滑剤ですが、普通のローションを使うのはやめましょう。

ローションは未滅菌です、滅菌済みで水溶性の潤滑剤を使います。

SMクラブの女王様をしていたときは、この「K-Yゼリー」というものを使っていましたが、蓋を空けた瞬間から雑菌に触れるのでそれが悩みでした。

K-Yゼリー
K-Yゼリー

 

個包装でいいものを見つけたので、個人的に使うならこちらのほうが絶対におススメです。

(もったいないからと残りを取っておくことは絶対にやめてください)

METALICKAN 滅菌ジェル
METALICKAN 滅菌ジェル

 

尿道プレイで挿入するもの

挿入するものは必ず滅菌済みのものを使ってください。

尿道ブジーなどの拡張グッズなどは、使う直前に消毒用エタノールをしみ込ませた清潔なガーゼやティッシュペーパーで拭き、菌があまりつかないうちに挿入してください。

(消毒しても空気に触れた瞬間から菌はつく、ということを忘れずに)

 

カテーテルを購入する際は「滅菌済み」できちんと包装してあるものを使用し、古くて包装が破れかかっているようなものは使わない。

カテーテルには使用期限があるので、それもきちんと守りましょう。

ときどき滅菌も包装もないものが売られているようですが、素人は絶対に使わないようにしましょう。自分で使ったからと再利用も厳禁。

 

カテーテルには種類があり、挿入する先端にバルーンがついているものもあります。

これは挿入した際に中でバルーンを膨らませてカテーテルが出てこないのでとてもいいのですが、バルーンの使い方を間違えると尿道や前立腺を損傷したりする恐れなどがあるので、使いかたをきちんと熟知していない人が手を出すのは危険です。

バルーンのないものは挿入しても手で押さえていないと勝手に出てきてしまいますが、初心者やただの導尿目的だけならこちらを使うほうがいいです。

ロビンソンカテーテルA 滅菌済
ロビンソンカテーテルA 滅菌済

 

上のカテーテルの太さは4号でφ3mmなので入りそうな気もしますが、実際入れてみると痛くて入らないという人もいるようなので、初心者なのにいきなり太いものにチャレンジしようとしないほうがいいですよ。

 

いずれも入れる前に器具の破損や、尿道を傷つけるような突起などがないかをチェックしてください。

そして痛みや抵抗があればすぐにやめる。無理やり入れて出血したり、膀胱に突き刺さって抜けなくなったりということになります。

(本当にあるので気を付けて)

 

尿道プレイの正しいやり方

まず大事なのは手指や使うものの消毒を徹底すること。

もちろん消毒したら無駄にそこらじゅうをベタベタ触らず、速やかに行ってください。乳首責めとか余計なこともこのときはしちゃダメです。

 

そして挿入部の消毒です。消毒用エタノールをしみ込ませた清潔なガーゼなどでペニスを消毒します。

ホテルなどのティッシュペーパーを使う場合、私は最初のティッシュは何枚か捨てていました。

そのくらい雑菌に対しては気にかけてください、じゃないとあとで尿道炎や腎臓系疾患などになりかねません。

消毒の仕方は、尿道口から鬼頭側に向かって拭きましょう。尿道に向かって拭いたら尿道に雑菌が入るので意味がありません。

このとき痛みがあるようなら、目に見えなくても傷がある可能性があるので尿道プレイは中止します。

ペニスの消毒をしたら、滅菌済みの器具も外気にあまり触れないうちに挿入します。

尿道口と器具に潤滑剤をたっぷり塗って、ゆっくり挿入します。器具を挿入するのはペニスの長さくらいにしてください。

カテーテルを挿入する場合は、膀胱まで到達するのに男性の場合は20センチくらい入れますが、その手前15センチくらいのところで一度突っかかることがあるので、その際はペニスを動かして角度を変えてみると力を入れずにするっと入る角度があるはずです。

このとき突っかかりで無理やり押し込むのは絶対にやめてください。膀胱壁が傷つきます。

きちんと膀胱に到達すれば、おしっこが溜まっていれば勝手に出てきます。

(いきなり出るのでまわりを汚さないようにタオルなど用意しておきましょう)

 

尿道プレイってなんでするの?

私は女なのでなんでするの? って思いますが、男性の場合尿道壁から前立腺や精巣を刺激することができるので気持ちよくなれる場合があり、人によってはそれでドライオーガズムにまで到達できるようになる人もいるようです。

そうじゃなくても、器具やカテーテルを引き抜く際に射精感に近いものを感じて気持ちいいという人や、入院した際にナースにやられて医療プレイ的に興奮したためにやり始めたという人もいるようなので、医療プレイやドライオーガズムに興味のある人がやり始めることが多いみたいです。

 

尿道プレイ、尿道オナニーや尿道拡張の注意点

痛みを我慢してまで、無理に太いものにチャレンジして拡張したりしないでください。

医療現場では挿入の際にキシロカインゼリーという局所麻酔を使って痛みのないようにするみたいですが、キシロカインゼリーは人によっては稀にアレルギー反応が起こってショック状態になってしまう人もいないことはないので、素人が使うのはおススメしません。

それに尿道プレイはあくまでもプレイなので、痛みを堪えてまでする必要はありません。何かあったときに病院送りです。

 

入れたままオナニーしたい気持ちはわかりますが、興奮しすぎて無理にやらない。

そして入れたまま射精しないようにしましょう。尿道が傷つく可能性があります。

尿道プレイをしたあとは、普段よりも水分を多めにとり、おしっこをどんどん出すことも大切です。

尿道プレイをするとしばらく痛みがあることもあるようですが、痛みが何日も続いたり高熱が出た場合、必ず病院に行ってください。

私は昔症状が軽いからと尿道炎を放っておいたら、腎臓にまで雑菌がのぼってしまい、急性腎盂腎炎で入院したことがあるので、尿道が痛いのを放っておくのはやめてください。

出血や膿が出たり、器具が入ったまま取れなくなったりした場合は、後日じゃなくすぐに病院に行く。

傷口から雑菌感染したりして、最悪死亡することもあります。

 

尿道プレイに興味のあるM男くんにメッセージ

尿道プレイはかなり神経質にならないとできない、というかやってはならないプレイだと私は思っています。

なので衛生管理のできていないパートナーには任せないでください。

自分の体は自分で守るしかありません。

そして自分でやる際も自己責任です。何かあったときは恥ずかしくても病院に行ける覚悟でやってください。

 

大袈裟に書きましたが、SMプレイに絶対に大丈夫はないし、危険な行為になればなるほど実際に事故は起きています。

それでも尿道プレイなどは未知の快楽を味わえる手段のひとつなので、チャレンジしたい人はいます。

危険なことやダメなこと、気を付けることをきちんと守って、やる側もやられる側も正しい知識を持ってやってくださいね。

 

コメント