SMクラブの女王様たちがやりたい人気のあるSMプレイってなに?

SMクラブの女王様たちはSMプレイがやりたくてSMクラブで働いています。

「脱がない舐めないさわられない」という謳い文句が魅力的で働いているという人もいますが、SMプレイの内容的なものからやはりSMが嫌いなら働けないので、皆SMプレイがやりたいのです。

でもSMクラブでは、M男くんたちが女王様に求めるSMプレイと、女王様たちがやりたい! と思うプレイとは違うことも多いのです。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

SMクラブでM男くんたちがよくやりたがるプレイ

SMクラブはプライベートじゃないので、M男くんたちのいろんな変態妄想に付き合わなければなりません。

初心者M男くんたちも多くやって来るので、そんなM男くんたちの妄想は女王様たちが「楽しそう!」と思うものであったとしても、ほぼできません(まだ「ヘタレ」だからね)

初心者だろうとSM歴が長かろうと、好まれることが多いのはハードよりもソフトでフェチプレイ的なもの。

SMプレイでの鞭より飴の部分を多く求めるM男くんのほうが圧倒的に多いです。

当たり前っちゃあ当たり前なんですけどね。本当は辛いことを耐えた後の飴のほうが素晴らしいからSMプレイをするのですが、そこまで到達するのは大変。

それに比べて飴尽くしは楽だし、それはそれで幸せですもの。

女王様にご褒美の唾や聖水をもらって、脚やお尻で虐めてかまってもらって、アナルや乳首を弄って感じさせてもらって、変態変態となじってもらう。

そんな変態が興奮してしまうような、貰ってばかりのご褒美尽くしのプレイを求めてきます。

 

SMクラブの女王様たちに人気のあるやりたいプレイ

女王様たちは男が本気で嫌がる顔に興奮するのです。男の泣き顔が見たいのです。

辛いけれど頑張ってくれている姿に愛情が湧くのです。

飴尽くしで恍惚とした表情のM男は「可愛いわね」とは思うことはあれど、ほぼ興奮なんてしないし愛情も湧きません。

普通の人がやられて辛いこと、嫌がることを受け入れてくれるM男くんを求めているのです。

感じてくれているから嬉しいという気持ちは、サービスのS的な要素の強い女王様にはありですが、そんな女王様でもやっぱり興奮するのは男の嫌がる顔。我慢する顔、頑張る姿。

 

女王様と言うのは基本鬼畜的行為が好きなものです。

鞭・蝋燭。そして針刺しやカッティングなど、流血を伴うプレイが好きという人が実はかなり多い。

ストレス解消にピッタリな、金蹴りやビンタなども人気があります。

エゴマゾやヘタレが嫌がるようなプレイなので、ブログなどでは「そんなプレイじゃなくても好きよ」と言ってはいるものの、そんなプレイのお客様が来るとめちゃくちゃイキイキしちゃいます(笑)

 

女王様たちの本当に楽しそうな顔を見たいのなら「鬼畜プレイ」や「ハードプレイ」

汚物系の鬼畜プレイではなく、痛みや身体的苦痛を伴う鬼畜プレイやハードなSMプレイをリクエストしてみてください。

女王様によっては苦手なものもありますが(流血が苦手とか。私も流血は苦手です)好きなものなら女王様の本当の素の表情を見られるはずです。

人を選ぶので無理にとは言いませんが

「好きな女王様のためなら頑張れるというのがM男でしょ?」

というのが私の意見です。

 

※ハードが苦手な人は見ちゃダメ↓

拷問遊戯1拷問遊戯1

 

コメント

DUGA