ピンヒールは女王様の持つ最強の凶器である ハイヒール痕はМ男の勲章

女王様の持っている最強の武器は鞭ではなくピンヒールである。

そのくらいハイヒールの靴やブーツのヒールは凶器にもなりますが、M男くんたちは足が好きすぎるので危機感を感じていない場合があります。

だって、ハイヒールを履いた女性の脚は美しいし、その足で踏みつけられて上から見下されるなんて、脚フェチやM男からしたらとんでもなくありがたいことですもの。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

ハイヒールのまま踏んでください! 乗ってください!

女王様たちはプレイ前から常にハイヒールを履いている場合が多いです。

けれども踏みつけや乗るときは、ハイヒールフェチの男性だったとしても完全にハイヒールで乗ってしまうことはあまりしません。

軽く踏みつけるか、全体重をかけずに乗ったり踏みつけるかです。

全体重をかけて顔や体に乗る場合は場合はさりげなくヒールを脱ぎます。

なぜならハイヒールで全体重をかけることは危険だから。

けれどもときどき

「あ…ハイヒールを履いたまま思い切り乗っちゃってください」

みたいに言うM男くんがいます。

こういう人はめちゃくちゃマゾです。だってピンヒールで完全に乗られたら、普通の人なら絶叫モノの痛みらしいので。

私は乗る側だからどのくらい痛いかなんて実際はわかりません。ただそのときのМ男の悲鳴はとんでもなく興奮するものが多く「あー痛いんだろうねー」というのがわかりやすく伝わってくるからです。

女王様たちにとっては、M男の絶叫は「かわいそう」と思うものじゃなく、脳内エクスタシーを誘うものでしかありません。

 

ピンヒールで思い切り踏みつけられたり乗られたりするとどうなる?

体重が軽そうな女性だったとしても、ピンヒールで思い切り踏みつけられたり乗られたりすると皮膚に肉に食い込み、誰が見てもわかりやすいヒール痕が付きます。

それはたいてい内出血を伴い、すぐに消えません。

だから痕が残るようなプレイは困る…という人で脚フェチヒールフェチ、ブーツフェチのМ男くんは、緊縛の縄痕や蝋燭の低温火傷など以外にヒール痕にも気を付けなければなりません。

ヒール痕

 

気を付けていても痕が付いちゃったという例

女王様ならそんな人は少ないと思いますが、普通の女性ならヒールがそんなに痕の残るものだとは思っていない人もいると思います。

だからこそドМは素人女性に思い切りイジメてもらいたいという願望を持つのかもしれませんが、何も考えずにハイヒール踏みつけプレイをしていて、長く残るあとを付けられてしまったというM男くんもときどきいます。

とあるM男くんのお腹に明らかにハイヒールの痕でしかないだろうという痕がありました。

「スゴイ痕だね」と聞くと「女王様が乗ったときにふらついて思い切り入っちゃったんですよ」と笑っていました。

その人は多少の痕が残っても大丈夫な人でしたが、さすがに一か月以上も残る、それも明らかにハイヒールとわかるような痕はさすがにちょっと困ったようでした。

 

ハイヒールの痕はドМ男の勲章でもある

ハイヒールの痕は案外長く残ります。

М男優をやっているような男性や長くSMクラブに通い続けているような超ドМ男の体には、たいてい無数のヒール痕が残っているものです。

そんなM男くんに究極に痛くて辛かったことはなに? と問うと

「ハイヒールで思い切り乗られたこと」

という返答が返ってくることもあるほど、ハイヒールは女王様たちの持つ凶器でもあるのです。

大好きな女王様に勲章としてのヒール痕を付けてもらってはいかがでしょうか。

足フェチエゴマゾ調教8足フェチエゴマゾ調教8

 

コメント