女王様に喜ばれるМ男とは? ヘタレでも熱いこと痛いことダメでもOK!

SMクラブの女王様のお気に入りになりたい!

好みの女王様の元に通うのなら、誰しもそう思いますよね。

好みも考え方も人それぞれだし、SMクラブの女王様には個性の強い人もいるので、すべての人が必ずここに書いてある方法でお気に入りになれるとは限りません。

けれども最低限ここに書いてあることを実践するだけで女性からの印象はだいぶ変わるはずなので、お気に入りになれる可能性は高くなります。

「こんなこと当たり前のことじゃん!」

そう思われる男性もいるかもしれませんが、実際私がSMクラブ女王様を経験してみて、ここに書いてあることが出来ていないМ男くんが案外多かったのです。

女王様のお気に入りになるために、女性目線の考え方は参考になると思うので

「いろいろな女王様のもとに通ったけれど全然お気に入りになれなかったよ…」

と感じている人は、是非参考にしてもらいたいと思います。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

「ヘタレ」「熱いこと痛いことダメ」だからお気に入りになれないわけではありません!

先に言っておきますが、SMクラブの女王様ならすべてのM男に対して平等だということは絶対にありません。

SMクラブの女王様も人であり女であるので、苦手なM男や嫌いなお客様、そしてお気に入りのM男というものは絶対にあります。

 

では本題。

僕は何もできないからお気に入りになれないんだ…

そう思われがちですが、私はそうじゃないと思います。

実際私が女王様をやっているときにお気に入りだったお客様のなかには「毎回同じことしかやらない人」っていう人がいました。

そして毎回同じことしかやらない人というのは、痛いこと熱いことが全くできないっていう人も多かったです。

プレイ中ひたすら顔面騎乗とか、脚責めしか興味がないから脚フェチプレイのみとか…

女王様の中にはハードプレイしか好きじゃない人という人もいるので、そんな人にはヘタレはあまり受け入れられないかもしれませんが、そんな女王様でも

「最低限のM男のマナー」

が守れない人に対しては、SMプレイでよく言われるところの愛情を持ってする残虐な行為ではなく、ガチで憎しみを持って残虐な行為をされていることもあるので、お気に入りとしてプレイしてくれているわけではないこともあります。

 

最低限のM男のマナーとは?

これができていない人が案外多く、そしてこれが出来ていないとSMクラブの女王様が女王様同士で愚痴を言い合うときに、あなたのことが話題に上がるかもしれませんw

 

SMクラブの女王様とSMプレイをしたいと思って会いに行く場合。

たとえ女王様が自分よりも年下だったとしても、女性として崇拝しているという意思を見せねばなりません。

それなのに会いに行った女王様が自分の理想通りじゃなかったのか、それとも普段からプレイ前にはそんな態度の人なのかはわかりませんが、あきらかに小ばかにしたような態度をとるM男くんっています。

それはM男として、たとえ第一印象で「騙された」とか理想と違ったとしてもやってはいけません。

女王様としてはM男性を虐めたり辱めたりするためにやってきたのに、女性主導のSMプレイをするつもりでやってきたのに興醒めです。

 

人を見た目だけで判断してそういう態度をとってしまう人というのは、たとえお気に入りになりたいと思えるような女王様の前では素晴らしい態度で臨んでも、プレイしているうちに見抜かれます。

SMプレイは普通の男女の関係とは違います。

そしてSMの女王様というのは洞察力に長けている人が多いです。

だから普段からそういう態度の人は、いくら頑張っても見抜かれてお気に入りにはなかなかなれません。

べつに土下座しなくちゃいけないというわけではありません。

私のお気に入りだったお客様には、土下座からプレイが始まらない人なんていっぱいいましたもの。

 

M男くんにいちばん必要なもの。

それは「紳士的な態度」

そしてそれが案外、出来ていない人が多いのです。

 

紳士的なM男になるには

M男くんって、女王様に会うと「キョドる」人が多いです。

普段はめっちゃ仕事とかできるんだろうな~と思われる人ですら、なんだかキョドってます。

人によってはSMクラブの予約の電話の段階で挙動不審になってしまう人もいるようで、フロントの男性が電話口で道案内しても、全然目的地にたどり着けなくて何度も電話してくるような人もかなりいるそうです。

 

そのくらい女王様に会ってSMプレイをするというのは緊張することなのだなとも思うし、M男モードに入るとなぜかキョドってしまうということもあるようです。

なのでいくら紳士的な態度をとろうと頑張っても、おかしなことになってしまうこともあります。

それでも女性のために何かをしてあげたいという気持ちで動いてくれる人というのは、好感が持てます。

そう、その気持ちが大事なのです。

たとえ行動が空回りしておかしなことになってしまっても、頑張っているM男くんを女王様は評価するし、可愛がりたいと思うのです。

 

「お前は何にもできなくてつまらないわ」

そんな言葉の裏には、本当につまらないと思っている場合と、あなたを成長させたいと思って言っている場合があります。

気に入られようとして表面上だけ繕っているようなM男に対しては前者で、出来ないことが多くてもその女性のためになにかしてあげたいという気持ちで動いてくれるM男に対しては後者である場合が多いです。

 

何もできなくても、女王様が扉を開けた瞬間からまずは動きましょう。

椅子に座ってぼーっとしていてはいけません。たとえば

「お鞄お持ちしましょうか?」

でもいいのです。

女性が汗をかいていたとしたら、室温を気にする言葉でもかけてみればいいと思います。

脚フェチやヒールフェチの方は、女王様の脱いだ靴が歪んでいたら揃えに行くという人もいます。

そういう小さなことでいいのです。

緊張して上手くできないというのもまた、M男らしくて可愛らしいものです。

 

M男としてやってはいけないこと

いくら紳士的なM男であっても、やってはいけないことをやってしまう人という人がいます。

夢中になってしまうと気づけなくなるものだし、自分だけは特別と思ってしまってそういうことをしてしまうのかもしれません。

けれどもいくらお前はお気に入りの奴隷よと言われたとしても、女性のプライベートに無理やり入り込もうとしてはいけません。

 

クラブの外で個人的な調教を望んでしつこくお願いする人はかなりいます。

たとえ個人的に食事に行けたとしても、家を知らないのに送りますとしつこくしたりする人もいます。

それを望んでいないからクラブで女王様をやっているという人は多いので、その女王様が望んでいない場合はそれをした時点でアウト。お気に入りだったとしてもお気に入りじゃなくなりますよ。

 

個人的になにかをお願いしたい場合は、慎重に。

基本的に女性は、恋愛関係を望むような男性以外にしつこくされることは嫌いです。

M男という生き物の性質上、粘り強いということがありますが、そういうところで粘り強く出るのはタブーです。

 

可愛いМ男になりましょう

女王様のなかにはぶっちゃけ「美男子フェチ」が多かったりするので、美しくないM男は嫌いっていう人もいます。

私は美男子フェチではありませんが、美男子が苦しむ顔を見ると興奮してもっと苦しめたくなりますw

けれどもSMプレイをしていると、お気に入りのM男というのは顔の美しさではないのです。

態度や行動、そして「キャラが可愛い」そう思えるM男くんがいると、もっと虐めてあげたいと思えるのです。

恥ずかしがるときは思い切り恥ずかしがり、感じるときはカッコつけずにすべて曝け出す。

そうすることがいちばん女王様が望むことであるし、可愛いと思えるのです。

緊張して空回りして変な動きをしてしまったり、失敗して粗相してしまうというのも、M男としてプレイしているときにはそれがキャラとして受け入れられます。

 

けれどもどうしてもダメなことははっきり言いましょう。

それも女王様といい関係を続けるためには大切なことです。

 

やってほしいプレイを持ち込もう

SMクラブの女王様はいろんなM男くんとプレイしているので、プレイの幅は広いはずですが、そんな女王様でも人それぞれに合わせたプレイがわからなくなることもあります。

そんなとき、自分からやってほしいことや使ってもらいたい道具を持ち込んでくるM男くんというのはありがたいし、覚えてもらいやすくなります。

女王様に気に入られたいと思うМ男くんは、女王様任せにしないでやってほしいことを持ち込むというのも手です。

理想のプレイを書いた紙を見せたり、M男に目覚めたきっかけを話すというのもいいですよ。

 

お気に入りになりたければ、定期的に通いましょう

これは当たり前のことですが、定期的というのが大切です。

時間やお金に余裕のある人は、毎週とか下手すると連日通ってくるような人もいますが、実はそういう人は逆効果なことが多いです。

通いすぎるのは気持ち悪いとか怖いという不信感を与えてしまったり、プレイがマンネリ化しすぎてつまらないM男になりかねないので、お気に入りからは外されてしまうことがあります。

月に一回とかそのくらいのペースがいちばん理想です。

ときに忙しくて数か月空いてしまうと、そういう人の場合女王様のほうが気になって気持ち的な関係が深まる場合もあったりします。

私の場合は、毎月必ず会いに来てくれるという人は、最初はあまり好きじゃなくても気になってお気に入りになることが多かったですよ。

「忘れられなくてまた会いに来ちゃいました…」

なんて、恥ずかしそうに言ってくれるM男くんなんかは、可愛いなと思えます。

 

皆さんもお気に入りの女王様が見つかったら、紳士的な態度で可愛く自己アピールして自分を曝け出してみてくださいね!

くれぐれも、女性が嫌がるほどにしつこくはしないようにしてください。

 

2017 クィーンロード 年間BEST10
2017 クィーンロード 年間BEST10

 

コメント