女王様のお出迎えの仕方あれこれ M男くんたちはどうやってSMクラブの女王様を出迎えしてるの?

M男くんたちは紳士的な方が多いです。

ときに全然Mじゃないよね? みたいな人もいますが、そうじゃないお客様がSMクラブの女王様をお出迎えするときにはいろいろなパターンがあります。

だから私は初めてのM男くんに会うときや、毎回趣向を凝らしたお出迎えをしてくれるM男くんに会う際には、ワクワクしながらホテルに向かっていました。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

よくあるM男らしいお出迎え

ピンポーンと鳴らすと暫くして大慌てな様子でガタガタとドアを開けてくれ、そこどきなさいよ! と言いたくなってしまうような場所に突っ立っている。

そんなM男くんが多いです。

本当は何かしなくちゃと思っているんだろうけれど、緊張して動けなくなっちゃうみたい。

あとはM男らしく紳士的にバッグを持ったり靴を揃えたりいろいろしてくれようとする人もいますが、M男なので空回りしてしまって粗相したり。

(そのヘタレっぷりがまた面白いので、何かをしようとしてくれる紳士的なM男くんは私は大歓迎)

 

特別なことを何もしないバージョンのお出迎えはそんな感じです。

でもそんな人も、目に見えないだけでいろいろ “仕込み” をしている場合もあるんですけどね。

 

よくある変態らしいお出迎え

いちばん多いのが土下座です。

「部屋に入った瞬間にパンツ一丁で土下座したM男がいる」というのはSMクラブではよくある変態の基本パターンです。

(私はM男なら白ブリーフかTバック、女性用パンティーあたりが好ましいと思います)

そして次によくあるのが、女装

女装趣味がある人ばかりではありません。でもなぜかSMクラブの女王様を全身女装でお出迎えしたがる変態は多いです。

関連記事

M男が女王様に土下座してご挨拶する意味と、素直に土下座したくなっちゃう話
SMプレイでは「土下座することがプレイに入る始まりであり終わりである」というのが基本ですが、土下座したくないというM男くんも多いです。女王様たちは土下座してご挨拶するM男のが可愛がりたくもなるし、プレイに入りやすくなるという利点もあります。
女装SMするならキレイな女の子を目指して! 女王様は綺麗な女装子が好き
女装したМ男が待っていたなんて言うのはSMクラブではよくあることですが、完璧に女の子になったつもりなのになぜかおかしい女装M男が多いのです。女王様たちはキレイな女装子が好きです。女王様が連れて歩きたくなるような女装を目指しましょう。

 

部屋に入ったときには「出来上がっちゃってる変態」パターン

「鍵は開いてるので勝手に入ってください」と指示されてホテルに向かうことがあります。

そんなときはドアを開けても誰もお出迎えに来ません。

奥でM男がすでにセルフプレイしてることが多いのです。

自ら磔台やSMチェアに手足を括りつけていたり、人間便器になりきっていたり。

 

お出迎えしてくれたとしても、犬になりきって首輪を着けていたり、アナルでブンブンバイブが唸っていたり片手でオナニーしてることも。

初めてのM男だと「この人何されてもいいのかしら」と疑問ですが、そこは空気を読むしかありません。

でもその「何をされちゃうのかわからない」というのをそういう人は求めているのでしょう。

 

М男の「仕込み」いろいろ

お出迎えの際は目に見えないだけで、いろいろ仕込みしている変態は多いです。

服の下は女性用下着だったり、貞操帯をしていたり。テーブルにコードレスバイブレーターのリモコンがさりげなく置いてあったり。

アナルマゾのM男はアナルに大きなアナルストッパーが入っていたり、アナルマゾは下着も一風変わったものを履いていたりして楽しませてくれる人が多いです。

テーブルの上に愛用品や使ってほしいSMグッズをずらーっと並べている人も。

 

SMクラブの女王様に会うのに遠慮はいらない

お出迎えのときですら皆結構やりたい放題、自分の変態っぷりをアピールしています。

だからSMクラブの女王様に会いに行くのに、自分の変態性を隠して遠慮なんてする必要はありません。

М男というものは基本的に本当は変態な部分を誰かに見て欲しいし、知ってほしいし曝け出したい生き物で、女王様というのはそれを受け入れてくれる存在なのです。

 

コメント

DUGA