洗濯バサミを使ったSMプレイ「実は苦痛系」乳首にペニスに金玉袋に

SMと言えば鞭や蝋燭と並んでなぜか洗濯ばさみを思い浮かべる人は少なくないと思います。

SMプレイは日常に使うものを用いて行うこともあり、日常とは違う用途で使用されるものほど

「こんなものでこんなことされちゃってる」

感が強く興奮します。

けれどもSM的要素がなければ使わないわけで。洗濯バサミがSMプレイで頻繁に利用されるのは、SM的要素の強いアイテムだからなのです。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

洗濯ばさみはなぜSMプレイの定番アイテム?

洗濯物をしっかり挟んで強い風でも飛ばないようにしてくれる。ということを考えると、まあ痛いだろうという予想はつきますが。

実際よく洗濯で使うような小さめの洗濯ばさみで指を挟んでみると、痺れるような感覚を感じられると思います。でもあまり痛くはない。

それなのに、敏感な部分や感じやすい部分を挟んでみると…とんでもなく痛いのです。

モノによってはあまり痛くないものもありますが(木製とか挟む面がつるつるしてるのとか)プラスティック製で挟む面に凹凸のあるものはたいてい痛いです。

それもかなり苦痛系

ハサミはじめはそんなにでも、ずっと挟み続けると激痛に変わり、それを引っ張られようものなら絶叫もの。

素に戻ってしまう人もいるくらいなので、反応を見ながら使わないとプレイが中断する恐れもあるので要注意。というくらい痛いのです。

SMプレイのお仕置きにはぴったりの道具だと言うこと、おわかりいただけましたか?

たくさんつけたときの見た目の卑猥さからも、いじめ要素の強いアイテムです。

 

洗濯バサミの痛みはなぜそんなにツライのか

洗濯ばさみ、痛いです。でもその痛みが好きな人もときどきいるんですよね。

針を刺したり切ったりする流血プレイの痛みは、刺されたり切られたりしているときが一番痛いです。

鞭やビンタや打撃系も、やられてるときが一番痛い。

けれども洗濯バサミの痛みは挟んでいる間持続する、というよりもむしろ悪化する痛みで、外したあともそこを弄られれば痛みが復活する。そんな痛みなのです。

もうね、痛いことが好きなドМにはたまらないらしいです。

 

洗濯バサミを侮るな! 洗濯バサミを使ったプレイで気を付けること

これ実体験なので、これをやってしまってから私は洗濯バサミを甘く見ないようになりました。

鞭などで洗濯バサミをパチンと弾き落とすなんて、カッコイイプレイですよね。

けれどもこれ、気を付けてやらないと大変なことになります。

私はM男くんの乳首につけた洗濯バサミを手で叩き落として、乳首の皮がめくれてしまったことがあります。

強力な洗濯ばさみは、気を付けないと簡単に皮までめくれてしまうので要注意です。

でもそのM男くん、そんな痛みでも感じまくり、その皮のめくれた部分に針まで受け入れて感じていたので、そういう人にはたまらないプレイになるのかもしれません。

粘膜に針なんて、考えただけでも痛そうですけどね。

 

洗濯ばさみプレイの楽しみ方

洗濯ばさみプレイは、やりすぎなければマゾにとって気持ちのよいプレイになります。

長時間挟み続けると痛いだけになってしまいますが、短時間なら逆に感度を上げて、その痛気持ちよさにマゾがよがるようになります。

とくに乳首は、その痺れるような痛みだけでイってしまうこともあり、乳首をつねるとよがってしまうようなマゾにはやってみる価値ありです。

強烈な痛みが好きなドМは、洗濯バサミで散々挟まれて痛みしか感じなくなった部分をさらに思い切りつねったり噛んだりすると、泣き叫んで喜びますよね(笑)

同じ泣き叫ぶにしても、本当に痛いだけなのか喜んでいるのかは様子見てればわかります。

ドМの絶叫はとても楽しくてゾクゾクしちゃうので、大好物です。

本日の調教担当 ミウ本日の調教担当 ミウ

 

コメント

DUGA