浣腸プレイの知識はSにもMにも必須!浣腸プレイのやり方と注意点

浣腸プレイに関して、どんなイメージがありますか?

怖い? 恥ずかしい?

怖いと思った方には、そんなに怖がらずにやってみたら? とは言いたいけれど、怖いと思う気持ちは間違いじゃなくむしろ正しいよとも言いたい。

そして、恥ずかしいとしか思っていなくて人任せにする人は、自分でも知識を持ってやられないと、実は案外恐ろしいことでもあるのよって言いたい。

 

私は浣腸プレイの知識は、やる側のSには絶対に必要だし、やられる側のMにも必要だと思うのです。

というのは、ときに知識の薄いSに出会ったときに、M側が大変な目に遭いかねないからです。

一度腸内に入れた浣腸液は、「なかったこと」にはできませんよ?

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

なぜ浣腸をするの? SMとしての浣腸プレイについて

四つん這いになってお尻の穴を丸見えの状態にされる。とんでもなく羞恥心を感じる行為ですよね。

それが浣腸プレイの醍醐味でもあるのですが、アナル開発をする際に排泄物による感染症になる可能性を減らすためにも大事な行為。

そして、排泄を我慢するという行為は苦痛と羞恥を伴い、SMプレイの躾としても使われます。

人によっては恥ずかしい自分を見られていることや、お腹が液体でパンパンに満たされている状態、我慢してから出す開放感などにエクスタシーを感じるようになり、それだけで脳イキしてしまう場合も。

 

浣腸プレイの基本的なやり方

正しい器具と使い方でやってください。

いろいろな方法がありますが、まずは基本的な浣腸をするための道具と使い方を知ることはとても大切。

 

浣腸するための器具

いちばんよく使われるのは注射器型の浣腸器。そしてエネマシリンジというものを使う人もいます。

SMクラブの女王様たちが主に持ち歩いているのはガラス製の浣腸器。

これは割れやすいため取り扱いが大変なのですが、浣腸プレイは医療プレイとしての興奮を求めるM男さんが多いので、雰囲気的なものでもガラス製を求められることが多く、ガラス製浣腸器を使用しています。

セルフでやる場合ガラス製は自分でやるには危険なので、プラスチック製のものを使うほうが安全で、挿入部先端が丸く加工してあるものがとくにおススメ。

ガラス製浣腸器

浣腸器
浣腸器

プラスチック製浣腸器おススメ

デラックス・プラスチック・シリンジ
デラックス・プラスチック・シリンジ

 

浣腸器の容量は、女王様たちは100㎖のものを持ち歩くことが多いです。

50㎖だと何度も注入するのが面倒だし、100㎖のほうが見た目的に興奮する大きさだから。

ときに大きさに興奮するために500㎖なんてものを希望するM男くんがいたりもしますが、見た目はまるでバズーカのようw

でも500㎖となると手に入りにくく、実は5~10万円近い値段だったりもするので、割れてしまうと痛すぎるしホテルまで持ち歩くだけでも大変なのですよ。

 

いずれも入れた液体の容量が把握できないといけないので、容量のわかりずらいエネマシリンジよりも、注射器型の浣腸器のほうが安全。

エネマシリンジというのはこういうもの。容器に入れた液体をポンプでシュポシュポと注入するという、使い方はとても簡単な器具。

エネマシリンジ
エネマシリンジ

 

けれどもこれを使う際は容器に入った液体の容量がわかるようにしておいたほうがいいので、こんなメモリ付きのエネマシリンジを使うのもいいかと思います。

どこでもエネマシリンジ
どこでもエネマシリンジ

 

浣腸するための液体

基本的には人肌程度の「微温湯」を使ってください。

熱すぎても冷たくてもダメです。

「知識のない人にやられると危険」だというのは、この温度の部分ですらわかっていない人がいるから、ということもあります。

熱すぎるお湯は腸内の粘膜が火傷になりただれます。

水道やペットボトルから出したままの水では冷たすぎて、心臓の弱い人や老人などはときに運が悪ければショック死することすらあり得ます。

水温が低いと人によっては寒気を感じることがあるので、そういうときはすぐにやめてもらいましょう。続けると危険です。

 

入れる量は人によって違いますが、500㎖~1ℓで様子を見て、徐々に追加します。

2ℓとかもっと入ってしまうという人もいますが、無理をすると腸が破裂するのでやめましょう。

 

グリセリンを使う場合

プレイの内容や、人によっては「グリセリン」を使うこともあります。

グリセリンは普通に浣腸する目的で病院でも使われるものなので使うことは問題ないのですが、濃度に気をつけてください。

濃度の濃いものを入れすぎるのは危険だし、少量でもかなり強烈な便意を催すものなので、便意が気になってプレイが中断し、時間が無駄に終わってしまうという最悪な状態になりかねません。

いずれもグリセリンの濃度は必ず50パーセント以下に希釈して使い、入れすぎないようにしましょう。

グリセリン溶液の場合は大量浣腸することはおすすめできません。

大量浣腸の場合は、50パーセント以下よりももっともっと薄くして入れてください。

間違っても原液を大量に入れたり、50パーセントのものでも大量に入れたりしないでください。

濃度の濃いものを大量に入れると、何時間も下痢が止まらなくなったりします。原液を入れたりすると、直腸がただれて下血する可能性もあります。

そしてグリセリン溶液は絶対に入れたままにせず、早めに排泄してください。

長時間入れたままにして、腸がただれて腸壁が剥がれ出てきてしまった人を知っています。

 

手軽に浣腸するには、ドラッグストアなどで売られている「イチジク浣腸」などのディスポ浣腸を使用するのもいいですが、腸内をスッキリきれいにするということはできないため、長時間のアナルプレイやアナルフィストなどをする際は、やはりお湯浣腸をしたほうがいいです。

イチジク浣腸などを使う際も、外から手で温めたりして浣腸液の温度をぬるめにしてから使ってください。

 

浣腸するときの体位

人にやってもらう場合、無理な体制でめちゃくちゃにやられないように気をつけましょう。

浣腸器具の先端を肛門の角度に逆らわずにゆっくり入れてください。

このとき直腸にぶつかっているのに無理やり入れてしまうと直腸を穿孔してしまい、感染症を起こす危険性があります。

体位は四つん這いでも仰向けでもいいですが、解剖学的には左側臥位(左側を下にして横向きに寝る)が腸の走行に合っていて無理なく浣腸液が注入できる体位だそうです。

立って入れると直腸の前壁が肛門入り口のすぐのところに来るため、器具の先端で直腸穿孔しやすくなるのでおススメできません。

 

間違った浣腸プレイはとっても危険

玄人はいろんな方法で浣腸します。

でもその人たちはその人たちなのです。真似しないでほしいと思う要素はたくさんあります。

浣腸する液体を変えてみたりして、強烈な便意を我慢することで脳イキできるという人もいますが、これはその人がたまたま大丈夫だっただけで、人によっては取り返しのつかないことになる可能性もあります。

とくに濃度の高すぎる食塩水や食酢、そして危ないのはアルコール類。

直腸粘膜は驚くほどにアルコールの吸収が早いため、少量でも急性アルコール中毒になりやすいです。

誰かが大丈夫だったからと言っても、安易に真似してやらないでください。

粘膜を荒らしてしまうものや傷口について痛みを感じるようなものを、腸内にいれて大丈夫なわけがありません。

入れるものによっては、死に直結します。

どうしてもやるのなら、「それを使った経験があって知識もちゃんとあり、相手の様子を気にすることができる人」にやってもらってください。

体調が良くないときにも浣腸プレイはやらないでください。

 

飲み物や食べ物なら大丈夫と考えていろいろ入れる人もいますが、飲み物食べ物は腐敗します。

腸内にいれたら全て排泄した後に、お湯浣腸して腸内にカスが残らないようにしてください。

 

浣腸プレイをしたあとは

大量にお湯浣腸して腸液などを排泄する際に、腸内細菌も一緒に出てしまいます。

浣腸プレイをしたあとは、乳酸菌サプリメントやヨーグルトなどで乳酸菌を補給してあげましょう。

また、便秘解消やダイエットなどの目的で浣腸を日常的にやる人もいるので、浣腸は安全だと思われるかもしれませんが、浣腸を頻繁に行うことは絶対にやめてください。

浣腸を頻繁に行うと、腸の粘膜が過敏になって頻繁に便意が起きるようになったり、浣腸に慣れてしまい、自力で排泄することが出来なくなります。

アナル開発のやり方

アナル開発・アナルオナニーは適当にやらないで!女王様が教える正しいアナルのやり方と注意点①「最初の指一本編」
アナルプレイは痛い、怖いからやりたくない!そんなM男くんを減らしたい。元SMクラブの女王様が女王様時代に教わったり、たくさんのアナルマゾを作るうちに習得したアナル開発の正しいやり方をお伝えします。アナルは最初の指一本が肝心です。
アナル開発・アナルオナニーは適当にやらないで!女王様が教える正しいアナルのやり方と注意点②「前立腺の見つけ方」
初めて前立腺を見つけようとアナルに指を入れても、見つけにくい人と見つけやすい人がいますが、どんな人でも前立腺が一発でわかる方法があるのでお教えします。前立腺マッサージをしたくても前立腺の場所がわからないという人はやってみてください。
アナル開発・アナルオナニーは適当にやらないで!女王様が教える正しいアナルのやり方と注意点③「前立腺のもっと先とアナル拡張」
前立腺よりももっと先、膀胱、精巣、腸壁、S字結腸まで、開発すれば開花する。そのためにはより安全にアナル開発やアナル拡張をする必要があります。アナル入り口や直腸はとてもデリケートな部分。無理やりやらずに清潔にしてから安全な方法でやりましょう。

 

コメント