縛られるのが好き! 縛られたい! 緊縛に興味のあるM男くんは読んで! 緊縛の危険性や事故のことなど

M男を縛って吊り上げている女王様の動画が好きで、女王様になったとき毎晩そんな動画を観ていました。

実際縛ることはSMプレイのなかでいちばんにテンションが上がる行為で、縛るのがOKというM男くんが来ると嬉しくてたまりませんでした。

けれども私は、カッコよく全身を縛り上げて吊り上げるまでのプレイは、SMクラブの中ではほとんどしませんでした。

基礎知識はあったけれどそれ以外は独学で、お金を頂いてプレイしているまだ信頼関係すらない人に対して「万が一の事故」があったら困るから。というのが理由でした。

信頼関係のあるなし関係なく事故が起こっては困るのですが、SMプレイに於いてプロなら絶対に事故を起こさないなんてことはありません。

とくに縄に関しては予測もつかない事態が起こることもあります。

この記事を書いた人
痴女王様

元SMクラブの女王様。ハードからソフトまで経験はあるけれど、フェチプレイと罵倒が好き。

フォローする

 

SMクラブの女王様だから、プロだから、経験があるから大丈夫! は「NO」

危ないから他人に縛られるなんて、ましてや吊られるなんてやめたほうがいいよーなんて言いたいわけじゃありません。

日本のSMプレイで緊縛は花形だと思っているし、縄ひとつで体だけじゃなく心までも拘束出来てしまえる素晴らしい技術だということも知っています。

だから「痕が残るから縛りはちょっと…」なんていう人でも体験してみてほしくて、出来るだけ跡が残らない工夫をしながら縛っていたくらいです。

けれども緊縛は、とても危険な行為になってしまう場合もあります。

長時間縛り続けていても正しい縛り方でプロなら安心なんてことはないし、緊縛が得意だから、緊縛を習っている人だから危険じゃないなんてこともありません。

縛っておいていい時間もあるし、縄をかけてはいけない場所だってたくさんあります。

そして、SMクラブの女王様なら、プロと呼ばれる人なら、緊縛が得意と言っているS様なら、そういうことをきちんと熟知して縛ってくれているから絶対に大丈夫! なんてこと、残念ながら実はありません。

縛られる側の体質や体調などによっても大丈夫じゃない事態になってしまうことだってあるのに、なにも考えずに縛っている人だって実はいるし、縄をかけてはいけない場所を知らない人だっているし、縄をかけてはいけない部分を勘違いしている人だっています。

技術があるということも大切なことですが、異変があったときに気づけるようにしておける人、対処できる人であることのほうが、縛られるときにはとくに大切です。

 

緊縛されるときに気を付けること

厳しく叱りつけていても激しい責めをしていても、きちんとした女王様ならちょっとでも異変を感じたり、危ない行為をするときには声掛けしてくれるはずです。

初めて緊縛する人に対して、いきなり何も言わずにただ縛り続けるような人は信用してはなりません。

ましてやいきなり口枷なんてされそうになったら逃げてください。

緊縛するときは相手が異変を感じたらすぐに伝えられるように合図を作っておいたりしなければならないのです。

自分はよくわかっているから、見ただけで異変を感じられるからと、自分の感覚だけでものを見ようとする人は危険です。

そして縛られる側は、体の感覚が少しでもおかしいと感じたら遠慮せずにすぐに伝えましょう。

遠慮したら自分があとで後悔する事態になることもあるし、相手のためにもなりません。

緊縛されるときは、身や心を委ねても、おかしいという感覚だけは感じられるようにしておきましょう。

そしていざというときにきちんと伝えられないような性格なら、縛られることは向いていません。

 

緊縛における危険性や事故

緊縛でよくあるのが、縛られた後に手が痺れていてしばらくしたら手に力が入らなくなり、手首から下がだらーんとお化けのようになってしまうという事態です。

これはゴーストハンドとも呼ばれる橈骨神経麻痺(とうこうつしんけいまひ)という病気です。

腕の付け根から脇の下を通り、手の親指側に走る神経で橈骨神経という神経があります。

橈骨神経

画像引用:とよだクリニックより https://www.toyoda-clinic.info/blog/injury/radial-nerve-palsy/

その神経を圧迫しすぎることで痺れを感じ、酷くなると手が麻痺してしまって動かなくなるのです。

手を後ろに回して縛るときに橈骨神経のある上腕に縄を通すことが多いため、よく起こります。

これを知っている縛り手は、橈骨神経の場所を外して縛るのが当たり前なのですが、知らないで縛っている人もいます。

橈骨神経麻痺になってしまったら整形外科にすぐに行きましょう。鍼灸院で置き針をしてもらうのも有効のようです。

「放っておけばそのうち治る」などと言う縛り手には二度と縛ってもらわないようにしましょう。

 

その他の緊縛事故では、吊りの最中に落下したり、首に縄が入ってしまったり…

いずれも危ない事態に陥る前に縛り手が気づいて対処するべきなのですが、予測もつかない事故も起きます。

そのために緊縛するものは必ずいつでも縄が切れるようにハサミなどは持ち歩いているべきだし、何かあったときには逃げずに対処して責任を取れるようにしておくのが当たり前なのです。

 

緊縛は楽しい、だからこそ縛られたいなら伝えられる勇気と関係を

SMプレイに於いて、Sは絶対じゃありません。

すべて正しくてなんでも言うことを聞かなくてはならないなんてことはないし、口答えや意見すら言ってはいけないなんて、SMじゃありません。

おかしいと思うことはちゃんと伝えていいし、伝えられないのにSMプレイをするのは危険すぎます。

恐ろしくて何も言えなくなってしまうような人に責められるのはマゾとして興奮するかもしれませんが、緊縛に関してはちょっと危険なのでやめてもらいましょう。

緊張でガチガチの状態だと事故も起きやすくなるし、気持ちよくなんてなれません。

安心して身を委ねられるからこそ、縛られていて気持ちよくなれるのです。

気持ちいい縄を受けられる人とプレイしてくださいね。

緊縛 ロープ・ボンデージ・アート
緊縛 ロープ・ボンデージ・アート

 

コメント